《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い


《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックの手術を実施することで、多くの方が悩んでいることと言えば、手術中に痛みが生じるかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。

レーシックの手術は人の手で実施されるものになるので、まだ十分な実績と知識を持っていない医師が多くいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。
まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 そもそもレーシック手術というのは、角膜の厚みが十分にある人に対してしか適用されることがありません。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。




《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:21/4/05

昨年末に、孫が生まれました。
かわいい!!とにかくかわいい!!

昔からよく、
お子さんよりも孫の方がかわいいとは聞いていましたが、
これほどかわいいと感じるとは思いませんでした。

しかし、
自分がお子さんを産んだ時も、当然かわいいと感じていたのです。
そりゃもうかわいくて、自分が命をかけて産んだお子さんですから、
かわいくないわけがない。
ではどうして、孫の方がかわいいと感じるのか?

自分がお子さんを産んだ時は、命をかけて産んでます。
ものすごいリスクを負って、
出産という一代イベントに望んでいるわけです。

10ヶ月間、様々な制約も受けました。
どうやって産み育てるのか?と、不安も乗り越えました。

言うなれば、大きな山を、
数々の困難を乗り越えながら
やっと頂上に辿り着いたようなものです。

さて、孫の場合ですが、
おれはたいしたリスクは負っておりません。

めちゃくちゃ当たり前ですが、
おれが妊娠しているわけではないので、行動になんの制約も受けません。
そして女の子が出産するわけですから、
おれの体質にはなんのリスクもありません。

にも関わらず、
リスクを負ったお子さんの出産よりも、
なぜ孫がかわいいと感じるのか?

一般的には、
「責任がないから孫はかわいい」とよく言われます。

確かに、お子さんは産んでからが大変です。
「この子を幸せにしなきゃ」と思います。

お子さんを幸せにするのに、
親としての責任が出てくるわけで、
それがプレッシャーにもなると言われるわけです。

ところが孫ですと、育てるのは親ですから、
おばあちゃんは責任を感じる必要がなく、その分プレッシャーもないので、
単純にかわいいと感じる事ができるんですね。

―地球滅亡まであと427日―
《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い

★メニュー

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能
《レーシック情報》レーシック後の効果が安定する期間
《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的
《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか
《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
《レーシック情報》片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握、そして理解してレーシック